モリモリスリムが効かなくなった!どうする?解決策は?

モリモリスリムが効かなくなった!どうする?解決策は?

モリモリスリムを飲んでいても効かなくなったという人がいるようです。

 

そんな症状になった人に、モリモリスリムが効かなくなった理由と解決策をご紹介しています。

 

 

モリモリスリムが効かなくなった理由

モリモリスリムが効かなくなった理由の根底には、ゴールデンキャンドルが関係している理由があるかもしれません。

 

 

モリモリスリムにはゴールデンキャンドルが含まれています。ゴールデンキャンドルはセンナ同様下剤に含まれるセンノシドといわれる成分が含まれています。

 

センナ類には大黄やアロエがありますが、どれもアントラキノンという下剤系の漢方薬です。

 

 

モリモリスリムに含まれるゴールデンキャンドルを飲み続けるとセンノシドという成分によって腸壁が黒く変色することは別ページで説明していますが、このような症状になると腸の働きが弱るという現象が起きてきます。

 

 

 

飲み続けないで間隔を開ける、また緊急時などに飲むようにすると黒く変色することはあまりないといわれています。

 

ですが、腸壁が黒く変色する症状は人によって違いがあります。

 

毎日服用すれば半年ぐらい経つと全体的に黒くなるといわれています。

 

 

 

症状が悪化した時だけ飲む方は、免疫力の作用によって回復する可能性も高いですが、しっかりと回復しないまま次を飲むと黒皮症になる可能性が高くなってきます。

 

腸が変色することを大腸メラノーシスまたの名を黒皮症といいますが、メラニン色素が色素沈着現象を誘発させ黒く変色する症状をいいます。

 

 

黒くなった部分は腸内壁の絨毛(じゅうもう)といわれる部分で、腸内に入ってきた食物内の栄養を吸収するための細胞が集まっている部分です。

 

絨毛の土台となっている腸壁は食物の栄養を吸収する働きがありますが、絨毛の土台となっているこの腸壁内部には毛細血管やリンパ管、さらにはリンパ球やマクロファージといった免疫細胞が存在するパイエル版があります。

 

黒皮症が長期に及ぶと、絨毛だけではなくこれらの部分まで黒く変色してくるため、毛細血管やリンパ管の流れ、免疫機関の働きが悪くなり腸事態の働きが困難なものになってくるといわれています。

 

 

 

つまり腸壁が黒く変色してくるという意味は、ちょっとヤバイかもという一歩手前という意味になりそうです(汗;

 

また、黒皮症の期間が長ければ長いほど取り返しが利かない事態になる可能性が高くなりそうといえます。

 

 

ですが、摂取を止めると免疫作用によって元に戻るといわれているので心配しなくてもいいかもしれません。ですが、治るのにも長い時間がかかるともいわれています。

 

それに伴って、その間の便秘症状をどう克服するかが問題になりそうです。

 

 

モリモリスリムが効かなくなった!対処方法は?

絨毛(じゅうもう)部分の機能が弱くなると、腸の働きである栄養吸収が悪くなってしまいます。

 

 

この症状になるには、長い期間下剤成分を飲まなければこのような症状にななりませんが、もしこのような症状に心当たりがあった場合は直ちに病院へ行って診断してもらった方が良いです。

 

といって病院へ行ってみても大腸内が黒皮症になっているということが分かるだけで、今服用している下剤成分が入ったものの服用をやめてくださいと言われると思います。

 

 

しかし、便秘薬をすぐ止めると便通が滞り排便が困難なものになる恐れが生じてくるかも知れません。

 

なので、便秘薬の回数を徐々に減らす努力が必要になってきます。

 

 

 

便秘薬の回数を減らすと便通が悪くなるので、便通をよくするために酸化マグネシウム類の便秘薬を使用します。

 

おそらくこれは病院でも務められる便秘薬と思います。

 

 

酸化マグネシウム類の便秘薬は腸に対して刺激が少なく無理がかからない効果を示すため、便通を図りながら黒皮症を徐々に改善する作用が見込めるといわれています。

 

もしこの方法が無理な場合は、病院で医師の診断を受けるしか手はなさそうです。

 

 

 

もしモリモリスリムを飲んでいて効かなくなったと感じていたら、このような症状になっている場合が往々にしてあるといえます。

 

モリモリスリムは適度に間隔を開けて飲むのでしたら、これほどまでの症状にはならないと思います。

 

ですが効かなくなったという理由は、下剤の成分が効かないということと同じ理屈ですので、ちょっと心配にならざる得ません。

 

 

また下剤入りのものを服用していて効かなくなったと感じたときは腸の働きが弱くなってきた証拠ともとれます。

 

腸の働きが弱くなると、便秘症状はますます悪化してきます。

 

 

腸を健康にするには乳酸菌の力が必要に!

先にも説明しましたが、腸内壁には粘液を出している粘膜があります。

 

この粘膜が剥がれた状態になると細胞群がむき出しになった状態で、下手すると腸壁に存在している細胞すらいなくなる現象が起きてきて腸の働きがますます悪くなってきます。

 

腸内を健康に保つには、腸内ビフィズス菌の存在は必要不可欠です。

 

 

 

腸内に存在する腸内細菌の数は100兆個ともいわれています。

 

その中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共存して健康状態に左右されながらその個々の数の割合が変化しています。

 

 

便秘はこの中の悪玉菌が増えることによって起こる症状ですが、便秘薬を続けているとこの悪玉菌ですらいなくなるという状態になってきます。

 

よく考えると当たり前かもしれません。下剤で腸の中のすべてを洗い流しているのですから。

 

 

 

このような状態から健康な状態の腸に戻すには、はっきりいって今飲んでいる便秘薬を止めるしかありません。

 

しかし、そうは言っても「便秘がひどくなるから止められない」という方は、上記に示した酸化マグネシウム入りの便秘薬に切り変える方法をとりながら、乳酸菌食品も多く摂るような方法をとっていきます。

 

 

 

乳酸菌には整腸作用が高まる多くの善玉菌や善玉菌のエサが存在しています。

 

乳酸菌を摂取することによって腸内の環境が良くなり、それにつれて働きも良くなってきます。

 

 

 

さらに、一日2リットル弱ぐらいの水分を補給するようにします。

 

緩下剤(かんげざい)である酸化マグネシウム入りの便秘薬には水分を腸内へ貯める働きがあるため、体内の水分量が失われ脱水症状を引き起こす原因にもなりますので、水分補給は必須項目です。

 

 

この状態を維持していけば、今までの便秘症が幾分か解消されると思われます。

 

 

 

腸を助けるサプリは、乳酸菌を直接腸内へ届けることができる善玉元気というサプリがおすすめかも知れません。

 

善玉元気は乳酸菌が腸へ直接続く数少ない乳酸菌サプリです。

 

 

 

他にも良いサプリはありますが、このサプリは即効性があるため、上記のような症状になった腸へ素早く働きかけるのに最適なサプリになるのでおすすめです。

 

値段はそれなりにしますが、腸の状態が良くなれば毎日飲むこともなくなるので、あとはコストのかからない上質の乳酸菌サプリがおすすめになりそうです。

 

 

コストのかからない上質のサプリにはカイテキオリゴ といわれるサプリの使用が経済的に腸の健康を維持していけるでしょう。

 

 

カイテキオリゴは日本医学誌にも掲載された東証一部上場企業の北の達人コーポレーションの手によってつくられたサプリです。

 

第三者機関による一般消費者58人を対象の臨床試験も実施されているすぐれた結果も実証済みのサプリです。

 

しかも、効能効果も測定した評価試験の実証済みのデーターもあるほどの健康に特化したつくりになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る